京都の乙女文化発信クリエイター、koha*のお仕事紹介ブログです。
高島屋オンラインストア限定【koha*のワンマイル・エプロン】

2013年よりkoha*製品の販売がスタートした
『高島屋オンラインストア』さま


毎年、多くの御愛顧を賜り
この春【高島屋Online Store限定品】発売の運びとなりました。 
肉厚のなめらかな綿ポンチと
koha*オリジナルファブリックとの組み合わせが
可愛くて機能的なチュニック丈のエプロンです。


ひなげし・コーラル
表情がふわっと明るく映る美人色のポピーレッドの綿ポンチに
母の日ギフトに一番人気のひなげし柄を合わせました。明るい女性に☆

 


うろこ・ネイビー
都会的でシックなブラックの綿ポンチに、カラフルでアーティスティックな
うろこ柄を合わせました。快活な女性にピッタリ。

 


松虫草・ノワール
都会的でシックなブラックの綿ポンチに、白黒ながらコントラストが効いた
モダンな松虫草柄を合わせました。独創的な女性に。


小道具がきっちり収まる大きなパッチポケットがふたつ。
両脇スリットもしっかり深く、動き易さもキープ。
伸びやすい首回りとアームホールは伸び止め仕様。
スリット裏にもほつれ止めの補強を施しております。


毎日の家事が楽しくなるエプロン
コンビニやスーパーへのお買い物も
ガーデニングも、ホームパーティーも
こんなに働き者のエプロンなら、ウキウキと百人力! 

 

新生活に、母の日に ご結婚のお祝いに、お誕生日に・・・。
是非ぜひ、選んでくださいませ。 

 

koha*製品をお求めいただける高島屋オンラインストアはこちら

http://www.takashimaya.co.jp/shopping/ladies/koha/

 

 

 

『mizutori × koha*の下駄』全国販売ヴァージョン、『立葵」が仲間入りです。

 

「日本の はきもの文化」を世界に、後世に伝えるべく
下駄作り一筋の静岡県の水鳥工業さま


創業1937年の歴史ある企業ながら
下駄で歩くこと身体に与える影響を静岡大学と共同研究されたり
地元産のひのきを使った製品を作られたり
さまざまな分野のクリエイターとのコラボレーションを世に問うたり・・・
大まじめに下駄と向き合い、下駄に惚れ込み、下駄を作っておられます。
 
その「げたのみずとり 水鳥工業」さまの「m2(えむに)」ブランドから
koha*のオリジナルファブリックを使った下駄が
初リリースされたのは2013年。
好評を博し、五年目を迎える長いおつきあいとなっております。

 

 

2004年より生産が始まった
デザインから捺染までメイドイン京都の
『koha*オリジナルファブリック』が取材を受け
NHK WORLDで放映されたものをご覧になり、 お取組が始まりました。
 
mizutoriさまの下駄は和にも洋にも馴染む点が

koha*オリジナルファブリックと実に親和性が高いところ。 

 

そして今春、新たにkoha*オリジナルファブリック
『立葵(TATTIAOI)』 (冒頭の画像です)も仲間入りして
国産ひのきを使った四角いフォルムのSHIKIBUシリーズ 2種と
履きやすい4,5cmヒールのSENSE3種の 合計5柄で展開となりました。


こちらのkoha*ファブリック下駄は
水鳥工業さまのウェブショップの他、全国百貨店やセレクトショップ、
シューズショップ、呉服店etc.でお求めいただけます。
 
可愛さだけでない、驚くほどのフィット感や履き心地を

是非、実感してくださいませ。

 

 

 

 

ARTISAN&ARTISTさまの【Tea Flowerシリーズ】

 

今年創業25周年を迎えられた、アルティザン&アーティスト様


「プロフェッショナルユースを多くの方に」をコンセプトに、
機能・実用性とファッション性の高い雑貨のするメーカーです。

 

フォトグラファーのカメラバッグ、
ヘア&メイクアップアーティスト御用達のツールケースなど
プロ仕様の製品を、ずっと国内生産されてきた企業です。


デザインから捺染までメイドイン京都の
koha*オリジナルファブリックとのコラボレーションのお話しをいただき

機能性も抜群の3種類のポーチが仕上がりました。


2016年12月7日より日本橋三越での先行発売を皮切りに
12月26日より全国の百貨店にて発売されます。

 

 

今回私がデザインしたのは"お茶の花"。
椿にも似た、密集した蘂(しべ)とぽってりと丸いフォルムの茶の花を
独特のアールヌーヴォ調に表現したファブリックは
装いの和洋を問わず愛用できる仕上がりです。


エネルギッシュでキュートなヴィヴィッドピンクと
ふんわりやさしいミルクティーのようなピンクベージュの2配色の
優美で可憐なお茶の花柄は、人気のポーチやミニボストンなど3型にて展開。

撥水加工を施しているため

濡れた洗面所などでも気にせず使って頂けるタフなつくりの自信作。

 

日本だからこその"ものづくり"を探求してきた
ARTISAN&ARTIST × koha*の想いが結実したスペシャルな製品です。

 

光村推古書院さまの【がまぐちポーチ】

 

京都の老舗美術出版社・光村推古書院さま。

美術・工芸本の他、寺社仏閣をはじめ
観光地情報やグルメ・お土産情報、 風習や歳時記など
京都のあれこれを網羅したガイド本とスケジュール帳が一体になった
『京都手帖』の出版社としてご存じの方もきっと多いと思います。 

 

koha*オリジナルファブリックの『京都手帖』特製布カバーも

過去6年間、製作させていただいております。 

 

本年2月には、koha*の描き下ろし図案にて

光村推古書院さまより御朱印帖が発売になりました。

この御朱印帖4種は、 発売と同時に

表紙用布の追加オーダーをいただく程の大反響で励みになっています!

 

そして、この秋新しく

ご朱印帖の模様と、被りきらず、遠からず・・・

というご要望に添って描いた【がまぐちポーチ】が

光村推古書院さまより発売になりました。


【がま口ポーチ】は 全2柄 4配色
デザイン・捺染のみならず、がま口仕上げまでの全工程がmade in Kyoto。

裏地も華やかな色で開けるたびに、キリリとリフレッシュ出来そうです。
 
大きめのご朱印帖一冊がピタッと収まる絶妙なサイズは

文庫本や新書版、筆記用具入れにも重宝します。

華道をされている方の花切りハサミにも良いサイズ。

 


*夢で逢いましょう・はなうたスキップ
ご朱印帖の「いつか来た道」柄に呼応するように描いた図案。
昭和の匂いの残る風景と青空。

 

 

*夢で逢いましょう・ひみつ基地にて
遠くを走る電車と電信棒のシルエット。
あかね色に染まる夕焼け空に人恋しくなる図案。

 

 

*ろーじのジロー・ほのぼのモーニング
2006年発表のkoha*の小紋の「ねこねこやなぎ」柄を刷新した
ご朱印帖の「ねこねこじゃらし」柄に呼応するように描いた
爽やかな朝の風景。猫町のろおじ(路地)に居るジローは誰?

 

 

*ろーじのジロー・しみじみアフタヌーン
陽だまり色の午後のろおじに集まる仲良し五匹組。
親子であるか、流れ着いたか、はたまた兄弟か、知るのは誰?

 

全国の書店他、椿ラボ京都でも発売中です。

是非、チェックしてみてください。

インテリア茶箱クラブさまとの協業


日本の産地・技術にフォーカスして
日本の産業や文化を豊かに元気にする目的ではじめられた
三越伊勢丹グループ様のJapan Senses(ジャパン・センスィズ)

2015年の伊勢丹新宿本店のジャパン・センスィズでは
静岡産の茶箱に装飾を施し、すぐれた調度品や道具としても使える
"インテリア茶箱"を制作されている、インテリア茶箱クラブ様
近畿を代表する布のひとつとして
koha*オリジナルファブリックを選んでくださり
可愛い収納BOXやスツールとして展示販売されました。





仕上がり品の販売の他、オーダーメイドにも対応されています。
おかげさまで、koha*のファブリックによるインテリア茶箱は
会期中に一番たくさん販売して頂くことが出来ました。



元々、茶葉の保管と運搬のために出来た『本来の使命』として
防虫・防湿・防臭効果に秀でた茶箱ゆえに
大切なものを保管するにはうってつけの道具!

koha*オリジナルファブリック
たとえばスツールとして使用に耐え得る
引っ張り強度や堅牢度のテストをクリアし
きちんとした段階を踏んでいるので安心して制作していただけます。



(↑Interior chabako Clubさま撮影)

夢見るように可愛い茶箱に、私も心が躍りました。
これからもどうぞお楽しみに。

MITSUKOSHI ISETAN オンラインストアで販売中の
インテリア茶箱×koha*の茶箱は大好評につき完売したとのこと☆
ありがとうございます。

名古屋駅前にグランドオープンした ISETAN HAUSでも
koha*オリジナルファブリックのインテリア茶箱がご覧頂けます。
是非ご覧くださいませ。(2016年3月)
 
光村推古書院さまの"ご朱印帖"


京都の老舗美術出版社・光村推古書院さまより発売になった御朱印帳。
その表紙の布のデザインをkoha*にオーダーいただきました。

2006年に発表した”こはのこもん(koha*の小紋)”の中の
"ねこねこやなぎ"をリデザインした"ねこねこじゃらし"

"クロとノラ(赤地にくろねこ)" と "シロとタマ(灰桜にしろねこ)"


2003年頃描いたイラストからイメージを膨らませた
日本の原風景の影絵が美しい"いつか来た道"の二柄です。

"夕焼け小焼け(夕暮れ刻の野の道)" と "散歩しようよ(うららかな野の道)"

お寺検定を実施運営されている日本出版販売さまより
2012年に、koha*オリジナルファブリックで作成した
御朱印帳カバー
のオーダーをいただいて以来、
「koha*の御朱印帳も是非、販売してください!」
というリクエストをたくさん頂戴しておりました。



私にとっては、御朱印帳は和雑貨や文具ではなく
"ご朱印をいただくに相応しい過程を経てちゃんと作って販売される物"。

寺社仏閣の歴史や景勝を伝えてこられた出版社からお声をかけていただき
今回、やっと皆さまのリクエストにきちんとした形でお応えできた事を
ありがたく感謝しております☆
デザインから捺染・手貼り加工まで、京都で出来ています。

皆さまの、お寺巡りや神社巡りのお伴にしていただければ幸いです。

こちらのご朱印帖、大人気につき発売二週間で布地の追加注文をいただきました☆
お求めくださった皆さま、お取り扱いくださっている書店さま、
良い物に仕上げてくださった職人さま&光村推古書院さまに感謝申し上げます。

 
「京都手帖2016」の専用布カバーを製作させていただきました。


京都の老舗美術出版社・光村推古書院さまから毎年発売される
京都で暮らす人・京都が大好きな人用のガイド本としても
忙しい毎日を快適に過ごすためのスケジュール帳としてもお役立ちの「京都手帖」。
近年多くの出版社さまから
"京都情報+スケジュール帳"形態の手帖が発売になっていますが
発売10年目を迎えた「京都手帖」は、その草分けです。

今秋発売の「京都手帖2016」年版用の専用布カバーを
本年も弊社にて作らせていただきました。
koha*オリジナルファブリックで製のカバーも、今年で6年目を迎えます。

"松虫草/ゼラニウム"と今秋の新作"えのきの浪/グリル"の
2柄にてオーダーいただきました。
------------------------------------------
2016年 京都手帖専用布カバーは10月4日をもちまして
限定生産数量に達しましたので販売終了となりました☆
たくさんの方々よりご注文いただき嬉しいです。
本当にありがとうございました!
来年一年、手帖を手にされる度に「うふふ・・・かわいいな。」と
ほっこり笑っていただけますように。

------------------------------------------

光村推古書院さまのページでは
男性でも持ちやすいシックな色柄の「エノキ茸」
ぱっと明るい朱赤が印象的な「松虫草」とわかり易くネーミングいただいております。

京都手帖にビニールカバーをかけた状態のまま
スルッと収めていただける、程よいサイズ。
内寸タテ193mm×ヨコ(二つ折りの状態で)130mmで
分厚さの調整をしていただけるようになっております。

こちらの商品は
全国書店及び、椿ラボ京都、koha*shopでのお取り扱いはございません。
光村推古書院さまのご注文フォームよりお願い申し上げます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 http://www.mitsumura-suiko.co.jp/order/
TEL:075-251-2888




読書の秋の友、文庫本サイズと新書判サイズのブックカバーは
椿ラボ京都並びにkoha*shopでもお求めいただけます。
是非お立寄くださいませ。


椿ラボ京都(京都市中京区三条通烏丸西入・文椿ビルヂング1階)
TEL:075-231-5858
11:00-20:00
毎週火曜定休
koha*の新作下駄が出来ました。
2012年オンエアのNHKワールドの京都特集を
英国でご覧になった方の御縁で
静岡の下駄メーカー・水鳥工業様より
koha*オリジナルファブリックを使った下駄の企画をいただき
形になった『げたのみずとり・m2シリーズのkoha*下駄』

発売と同時に『藤巻百貨店』さまをはじめ
たくさんの街のお店で販売いただき多くの方々に履いていただくとこが出来ました!

その人気のkoha*下駄の新作が発売になりました。
既に展開している4モデル以外に「この布で下駄が欲しい」という
皆さまのリクエストより上位5柄を選び、製作いただいたものです。

"秋七草 - AQUINANACUSSA"↑↑↑


"盆暮れ - bonne creer"↑↑↑


"藤と蝶々 - FUGGITTO CIAO! CIAO!!"↑↑↑


"極楽浄土 - GOQLUCK GGIODDO"↑↑↑

"野アザミ - AZZAMI"↑↑↑

今回はとても実験的に、生地の裁断箇所により
異なった模様が出るようなものもあえて製品化。
晴雨兼用傘やバッグとお揃いで使っていただける柄がグッと増えました。
お気に入りを見つけに椿ラボ京都へお越しくださいませ。


椿ラボ京都(京都市中京区三条通烏丸西入・文椿ビルヂング1階)
TEL:075-231-5858
11:00-20:00
毎週火曜定休

★可愛いテキスタイルで差をつけるなら
メイドイン京都のkoha*オリジナルファブリック
「京都手帖2015」専用特製布カバー


京都の老舗美術出版社・光村推古書院さまから毎年発売される
京都で暮らす人・京都が大好きな人用のガイド本としても
忙しい毎日を快適に過ごすためのスケジュール帳としてもお役立ちの「京都手帖」。

今秋発売の「京都手帖2015」年版用の専用特製ブックカバー
本年も弊社にて作らせていただきました。

毎年、2種類の柄での発売でしたが
今年は"特製布カバー発売5年目"を記念し、5配色の色柄にてお仕立致しました。

夜空に燦めき咲く花火のような
"秋七草・ニュイ"で作った「秋の七草」。
裏地は、秋の野の花の竜胆色で作りました。
※10月31日追記---「秋の七草」の京都手帖専用特製布カバーは
好評につき10月10日に完売いたしました。皆さまありがとうございました。

深みのある地色と鮮やかな朱色の対比が美しいヴィンテージ布のような面持ちの
"鶏頭と野ぶどう・ピジョン"で作った「ケイトウ」。
紅染めが禁止されていた時代にも許色(ゆるしいろ)として使うことができた
薄紅色の裏地で仕立てました。

2014年秋の新作をいち早く!
水仙と菊が織りなす重厚かつリズミカルな縞模様の
"盆暮れ・リーフ"で作った「リーフ」。
裏地は、落ち着きも華やぎもある孔雀色で仕立てました。

濃いネイビーにエキゾチックな色彩が魅力の
"うろこ・ネイビー"で作った「うろこ」。
koha*オリジナルファブリックの中では、唯一植物柄ではない
原っぱで見上げた鱗雲を描いた個性的な柄です。
裏地は、山吹色で作りました。

朗らかなさえずりが聞こえそうに、お日様の恵みを感じる
"森林ピクニック・サニーディピンク"で作った「たんぽぽ」。
すっくと伸びる竹のような青竹色の裏地で仕立てました。

和でも洋でもなく、なのに和にも洋にも馴染む
京都で作ったkoha*オリジナルファブリック

これからも、色々なかたちで
さまざまな企業とのコラボレーションを展開して参りたいと思います。
ご期待くださいませ。
「京都手帖2014」専用特製布カバー


京都の老舗美術出版社・光村推古書院さまから毎年発売される
京都で暮らす人・京都が大好きな人用のガイド本としても
忙しい毎日を快適に過ごすためのスケジュール帳としてもお役立ちの「京都手帖」

今秋発売の「京都手帖2014」年版用の専用特製ブックカバーを
本年も弊社にて作らせていただきました。

4年目となる今年、セレクトしていただいた
koha*オリジナルファブリック
「うろこ」と「森林ピクニック(光村様のサイトでは"たんぽぽ"のネーミング)」です。

「うろこ」の方は、エキゾチックな色合いで仕上げた鱗雲の柄。
野原に寝転んで見上げた、夜に近い夕焼け空の輝きを表現した個性的な柄ゆきが人気の
2004年発表のファブリックです。

もう一方の「森林ピクニック"たんぽぽ"」は今春発表した28作目の新作。
やさしく柔らかい春の陽射しを感じさせる配色が
日常の小さなストレスをほっこり軽くしてくれると評判のファブリックです。
淡いピンクが心に効く事は、色んな分野の研究で証明されていますね。

和でも洋でもなく、和にも洋にも馴染む
京都で作ったkoha*オリジナルファブリック。
ここ椿ラボ京都からの発信で、グングンと活躍の場が広がっています。

これからも、色々なかたちで
さまざまな企業とのコラボレーションを展開して参りたいと思います。
ご期待くださいませ。

*京都手帖2014年用のブックカバーは
京都手帖に合わせたサイズですので
椿ラボ京都及びkoha*shopでのお取り扱いはございません。
光村推古書院さまのサイトより、ご注文くださいませ。
ご注文フォームはこちら↓
http://www.mitsumura-suiko.co.jp/order/